業種・アイテム別。情報機器等の処分・導入時の解決事例

case-studies 課題解決事例
  • 全課題解決事例107件中 1-10件が表示されています。

  • 表示
  • 並び順
  • 課題解決事例
  • 0107
部門毎に特化した不要品を同時に処分

回収対象となる3部門毎に請求を分けて回収を実施

3拠点で様々な不要品が溜まってきておりました。不要となる什器類は廃棄マニフェストを発行した処分と、3拠点分の回収費用と工数は最小限の車両数での回収を業者側に求めておりました。また、回収対象物の中に磁気メディアやレコーダーなどが含まれていた場合には、データ消去を含めた処分のできる業者を探しておりました。

  • 課題解決事例
  • 0106
あべのハルカス内事務所の什器買取・撤去作業

作業制限がある中で専門業者と連携することにより少人数で効率的な作業を実施

大阪でお取引のある情報通信企業様より、あべのハルカス内の事務所から移転した後の残置物撤去処分の件でご相談いただきました。産業廃棄物の排出量の低減目標があり、産廃排出量を低減しつつもコンプライアンスに準拠した形で撤去がしたいようでした。また、作業場所が複合施設のあべのハルカスのため、作業時間が夜間~夜中しか作業が出来ず作業工程も含めて相談したかったようです。

  • アイテム
  • 課題解決事例
  • 0105
ビル解体に伴う同ビル内寮部分の残置物処理

5階、6階にある寮の法人資産と個人資産分の撤去

ビルが解体されることが決まっていたため、同ビル内に5階、6階部分に寮を構えていた企業は寮の移転をするために、部屋の引き払いをするために残置物の処分が必要でしたが、解体業者に同時に処分依頼すると高いためお困りでした。

  • 課題解決事例
  • 0104
データセンターでのオンサイト消去作業とリース返却

先方のデータセンターを起点としてデータ消去からリース返却まで実行

グループ企業の取引を中心としたインテグレーター事業会社様。データセンターで使用しているリース品のサーバーをリースアップ期限までに返却する必要があり、その前にデータ消去をしなければなりませんでした。

  • 課題解決事例
  • 0103
地方先に出張してワークステーションのキッティング

現地でユーザー登録・ライセンス認証・個別設定などを実施

パソコンやスマートフォン買取でお取引している情報システム会社様が、キッティング作業を短期間かつコストを抑えられる業者を探しておりましたが、地方での設定含めたキッティング作業を業者側が避ける傾向があるとのことで悩まれておりました。

  • 課題解決事例
  • 0102
新品未使用のノートPCバッテリー800本買取

他社であれば費用のかかる廃棄処分となるところを当社は全数買取

Windows7からWindows10へのパソコン入替えで、不要となるパソコンの回収とデータ消去を当社が行う事となりました。処分対象となるノートパソコンは1台につき2本の予備バッテリーを常に用意していたようで、その不要バッテリーも処分したいとの事でした。

  • 課題解決事例
  • 0101
四国のお菓子メーカーからパソコンとサーバーを買取

お菓子メーカーの2拠点からパソコンとサーバーを約670台を回収して買取

グループ企業内のパソコン回収とデータ消去を行っており、ご担当者様から外のグループ企業をご紹介いただきました。四国にある本社と関東にある工場の2拠点がパソコン処分量が多いため、2拠点回収できる企業をお探しでした。

  • 課題解決事例
  • 0100
教授室と教室をリニューアルするため家電と什器を処分

九州地方の大学からブラウン菅テレビやテレビ台、デスクなどを搬出して廃棄処分

以前からパソコンの買取とリースパソコンのデータ消去と返却代行を行っており、同時に不要品も処分回収させて頂いておりました。今回古くなった教授室と教室をリフォームすることとなり、不要となる残地物の処分費用を抑えて作業をしてくれる業者をお探しでした。

  • 課題解決事例
  • 0099
オフィス移転に伴う残置物の仕分け・深夜搬出作業

移転残置物の搬出作業・買取・廃棄処分を1社ワンストップで実施

以前パソコン回収などで先方とお取引があり、今回は移転する事となったため、不要となる残置物が多く出る事が予想されていたため、ご相談をいただきました。残置物の処分は、1社での一括処分が原則であった為、買取と廃棄を同時に行える業者を選定するのにお困りでした。また、ビル管理会社の規制が厳しく平日は夜間作業のみ許可され、土日作業も禁止であったため、日程調整も厳しく同様に業者選定にお困りでした。

  • 課題解決事例
  • 0098
オフィス移転に伴い移転残置物500人分の撤去処分

一般的なオフィス家具・什器類を500人分を仕分けして撤去

東京に本店を置く大手ゼネコン企業様が、東京本店が移転することとなり、新店で使用しない応接セットや机椅子などの残置物の処分業者をお探しでした。転用物と残置物の交通整理などに追われており、処分する物の仕分けなどにも苦労しているようでした。

  • 全課題解決事例107件中 1-10件が表示されています。

0

まとめてダウンロード
未選択

まとめて選択解除

事例集を一括ダウンロード