< [CONTENTS] 事例|データセンター移転統合に伴った全アイテム消去と撤去処分|ブロードリンク [CONTENTS] 事例|データセンター移転統合に伴った全アイテム消去と撤去処分|ブロードリンク – [CONTENTS] コンテンツ&ライブラリ|ブロードリンク

Blog&Library

コンテンツライブラリ

お役立ちコラム

サーバー
データ消去
移転

データセンター内のすべての情報機器類と什器類を安全に撤去・処理するには?

【お客様事例】データセンター移転統合に伴った全アイテム消去と撤去処分

データーセンターには、サーバーシステム一式、バックアップメディアなど多数の機密情報が入っているため、万が一もないようデータ消去して処分をする必要があります。

今回はデータセンター統合移転時に、全ての情報機器と什器類をどのように安全に同時に処分したか保険会社の解決事例をご紹介いたします。

業種:

業種詳細:

従業員数:

拠点数:

ご相談内容:

保険業

国内有数のシェアを有する損害保険会社

10,000名以上

500拠点以上

データセンター移転統合に伴うサーバールーム撤去


  • 不要となる情報機器全てを処分したかった
  • サーバールームの什器類も処分したかった
  • 高セキュリティ・短期間で処理したかった

  • サーバー、情報機器1万点のデータ消去
  • オフィス家具、什器はリサイクル回収
  • 対象物、作業毎のチーム編成で対応

  • サーバーアンマウント/撤去
  • サーバーデータ/PCデータ消去
  • 光学/フラッシュメモリ破壊処分
  • 磁気破壊/物理破壊
  • オフィス什器撤去/リサイクル
  • 情報機器/オフィス什器廃棄


1.ご状況と支援内容

お客様のご状況

サーバー600台とバックアップメディア数千本が保管されているデータセンターの統合移転が決定され、サーバーシステム一式、PC、磁気メディアなど複数のサーバールームにある情報機器の大半を処分する必要がありました。

データセンターの情報機器処分には高いセキュリティレベルが求められており、対象数も約10,000点と多いことから、どのような処理をすれば高いセキュリティレベルで短期間で全てを処理できるか思案しておりました。

また、統合移転のため、サーバールームにある机・椅子・OAラック、バックアップメディアを保管してる大型のオートラックなども撤去して処分することとなっていました。

解決のご提案

サーバー消去の世界標準規格でもある各国政府認定の消去ソフト「Blancco」を使用したソフトウェア消去を先ずは実行し、その後に専用機器で記録媒体にドリルで穴を開けて物理的に破壊する事をご案内。

バックアップメディアのテープ類やLTO等の磁気メディアは、磁気破壊装置で強磁場を照射してデータを破壊。その後に物理破壊する二重消去をご案内。RAID構成などで使用していたHDDはHDDを抜き出してデュプリケーターでソフトウェア消去後にこちらも二重消去となる物理破壊をご提案。

情報機器全ての製品シリアルを取得してから作業を実施し、破壊前と破壊後の写真を撮影して提出する事もご提案。

サーバーラックや机、椅子、メディアを保管していたオートラックなどサーバールームにある什器類は撤去・解体後、回収してリサイクルセンターで処分することに。

サーバーアンマウント部隊・カテゴリ毎のデータ消去部隊・撤去搬出部隊を同時に稼動させ、1週間で終了させる予定としました。

2.【解決作業】ワンストップ処分

データセンター内の情報機器とオフィス什器をすべて処分

移転時の処分ワンストップソリューション

お客様が管理している機器リストを頂き、ソフトウェアによるデータ消去が必要なサーバー・HDDのデータ容量と接続インターフェースを確認し、メイン機器のデータ消去時間を算出。

これに加え、二重消去分のHDDやテープメディアなど磁気破壊と物理破壊消去作業を合わせて全記録媒体の合計データ消去時間を算出し、完了工程時間を確定させ作業を開始。

サーバーにはストレージ、スイッチ、ハブ、UPSも含まれており、データ消去後のアンマウント時にラックと一緒に全てを撤去。

サーバーラックの他、作業に使用していたテーブルや椅子、メディアを保管する大型のオートラックやキャビネットなど什器類も撤去。大型の什器はその場で解体して搬出。

廃棄する什器類は回収後リサイクルセンターにてリサイクル処理を施しマニュフェストを発行。

情報機器とオフィス不要品のワンストップ同時処分サービスとは・・・
情報機器と不要品を一気通貫で同時に処分いたします。情報機器は全国の拠点訪問回収からデータ消去、買取を事務代行まで含めて実施いたします。オフィス家具や什器類は撤去解体し、三段階資産評価によりリユース・リサイクル買取と廃棄処分をいたします。

3.【解決作業】サーバー含め全アイテムのデータ消去

各種世界基準のデータ消去手法で全ての記録媒体に対応

オンサイト(現場)で安全に二重データ消去

【サーバー】
サーバーのドライブにアメリカ国防省・NATOなど、各国の政府機関・公的機関などから認定を受けている「blancco」をインストールし、サーバー内部から上書き消去。消去後にHDD専用物理破壊機を使用しHDDに穴を開けて物理的に破壊。

【PC】
HDDを抜出してオンサイト用の高速デュプリケーターにより、
1度で同時に6台分のデータを消去。その後サーバー同様に物理破壊機により破壊。

【バックアップメディア・USBフラッシュ等】
LTOやテープメディアなどは直流強磁場を照射して、記録しているデータを一瞬で破壊。磁気消去破壊の証明は機器を稼働させないとわからないため、磁気消去後に物理破壊も実施し、破壊前と破壊後の写真も提出。フラッシュメモリは専用粉砕機を使用し粉々に粉砕してデータを破壊。

オンサイトデータ消去サービスとは・・・
お客様の事務所や倉庫・データセンター内など、出張でのデータ消去作業にも応じます。オンサイト(現地)での作業によりお客様の目の前でデータを消去する事で、運送中の事故などのリスクを軽減し、より上位レベルでのセキュリティを実現します。

4.お悩み解決支援の結果

高いセキュリティレベルのデータ消去をご要望されていたため、オンサイトでソフトウェア消去後に物理破壊・磁気消去を実施いたしました。サーバーのデータ消去チーム、磁気破壊チーム、物理破壊チーム、撤去・解体・搬出部隊のチーム編成により、7日間で10,000アイテムの処分を完了いたしました。

万が一もないデータ消去方法と、サーバールームの情報機器類とオフィス家具・什器の同時処理を行ったため、対象物毎の業者選定や日程の調整、見積・発注業務、作業全般においてお客様の手間を大幅に削減させ、短期間でサーバールームにあるモノ全てを処分出来たため、移転統合作業に集中して頂くことが出来ました。

5.当社[活業]ご支援ポイント

〜全ての情報機器の安全な処分・什器を撤去するには〜

・対象物毎、作業毎のチーム編成
・対応が難しいサーバーデータ消去とアンマウント撤去
・記録媒体に応じたデータ消去
・情報機器とオフィス不要品の同時処分

6.使用した専用機材や車両、設備類

1.データ消去ソフト「Blancco」・・・サーバー/PCデータ消去
2.デュプリケーター・・・HDDデータ消去
3.磁気破壊機・・・磁気テープメディア破壊
4.物理破壊機・・・HDD破壊
5.メディア粉砕機・・・USBフラッシュ等を粉砕

磁気破壊機とは

専用装置にて直流強磁場を瞬間照射し、HDD等の磁気記録媒体に記録されているデータを一瞬で完全破壊します。

主な対象物

・CD/DVDなどの光学メディア
・USBフラッシュなどのフラッシュメディア
・FDDやLTOなどの磁気メディア

関連記事

関連サービスページへ

Webはこちらから
お問い合わせ