オフィス移転に伴い移転残置物500人分の撤去処分の事例

ブロードリンク 課題解決事例 CASE STUDIES
  • 課題解決事例
  • 0098

オフィス移転に伴い移転残置物500人分の撤去処分

オフィス移転に伴い移転残置物150t分の撤去処分

一般的なオフィス家具・什器類を500人分を仕分けして撤去

検討課題

東京に本店を置く大手ゼネコン企業様が、東京本店が移転することとなり、新店で使用しない応接セットや机椅子などの残置物の処分業者をお探しでした。転用物と残置物の交通整理などに追われており、処分する物の仕分けなどにも苦労しているようでした。

解決

  • ワンストップで移転残置物の買取・廃棄処分

    ワンストップで移転残置物の買取・廃棄処分

  • キャビネット等のオフィス什器を解体

    キャビネット等のオフィス什器を解体

  • 20日間で4トン車75台分の物量を収集運搬

    20日間で4トン車75台分の物量を収集運搬

リユース・リサイクル買取物、廃棄物の仕分けとその撤去・処置を含めたワンストップ処分

処分物の仕分けが出来ていない状況であったため、現地調査の上、最大限の廃棄量で一旦見積を提出させていただきました。その後、仕分けが進み次第物量の増減と物の買取・処分仕分け分別を当社が行い、都度見積り訂正を行いました。

一般的なオフィス家具の他、蛍光灯などの処理困難物も多数あり、リユース買取物とリサイクル買取物、廃棄物の仕分けとその処理を含めたワンストップ処分作業を行うことになりました。

<移転残地物の処分>
・撤去回収 ・リユースリサイクル買取 ・廃棄処分

<対象物>
・応接セット ・机/椅子 ・ロッカー ・冷蔵庫 ・大型金庫 ・蛍光灯など

20日間の作業日程のうち、500人分のデスク解体とキャビネットの連結解体等を外部の業者も活用し10日で行い、その後該当品を撤去。最後に残った廃棄物を撤去。延べ70人・4トン車75台分(150トン)の物量を収集運搬。後から出てきた大量の特大金庫の解体・撤去なども実施。

準備期間も比較的短く移転当日まで小変更がありましたが、細かく対応し全て当社で対応することでご担当者の労力は最小限で済みました。

ポイント

  • オフィス什器の撤去買取

  • 不要な什器類の廃棄処分

  • キャビネット解体

  • 大型金庫解体

0

まとめてダウンロード
未選択

まとめて選択解除

事例集を一括ダウンロード